広告のデザインは失敗した事例から学ぼう!

HOME » 広告デザイン依頼ナビ » 広告のデザインは失敗した事例から学ぼう!

広告のデザインは失敗した事例から学ぼう!

イベントや広告に必要なチラシ、ポスターを作ることになったとき、あなたはどうしますか。
ただ漠然と広告を作らないといけないと考えていると、思っていたよりも反響が悪く失敗をしてしまうこともあります。
広告のデザインを依頼するときも、後から「失敗した」と思うことがないように失敗した事例から良い広告が作れるようにしましょう。

・広告のデザインは失敗した事例から学ぶ!
広告に必要なチラシやポスターなどは、デザインを外注で依頼するときに原稿を提出しなければなりません。
この原稿を作成するときは目的(目標)を立ててから行わないと、どんなターゲットに向けて広告を作りたいのか、何を一番に伝えたいかが分からなくなってしまいます。
広告は目的やターゲットを明確にすることで、デザインの仕方も大きく変わってきます。
何のために広告を作るのかが定まっていないと、お客さんにその思いを伝えることができず、集客を集めることが出来なくなってしまいます。
また、ターゲットに関しては、どんな人に来てほしいか、どれくらいの年代の集客を狙っているかによってデザインの仕方が異なります。
さらに、ターゲットを絞り込むためには地域性なども関係してくるので、広告を設置する場所やチラシを配る地域にはどの年代の人が多いのかを調べておく必要もありそうです。

・曖昧な回答では自分が理想とするデザインにならない!
広告を作る目的やターゲットなどが曖昧な場合は、デザインが仕上がったとしても「自分が理想とするデザインに仕上がっていない」と思ってしまうこともあるので注意が必要です。
失敗した事例としては多くの人(幅広い年代)を対象にしたり、明確な内容をデザインに盛り込まないといった部分だと思います。
誰に何を伝えたいのかを明確に考え、失敗した事例から広告のデザインを考えデザイン事務所に依頼をするようにしましょう。

このように広告のデザインを制作してもらうときは、自分がどんな広告を作りたいかを明確にすることが必要です。
また、ターゲットや内容が伝わりやすいデザインにすることで、広告を見た人もそれを受け取りやすくなります。
目的やターゲット、内容などが明確にされている広告は集客率が上がる効果の高いものになるでしょう。
中には、「広告を作るのってこんなに面倒なんだ」と思う人もいるとは思いますが、これらが明確に記されているデザインであれば集客率は上がるのではないかと考えられます。